水虫は特に足の裏や、足の指の間に起こる皮膚病の1つです。
白癬菌というカビの1種が、皮膚に感染する事で起こります。
実は水虫、なりやすいという人がいる事をご存じでしょうか。
自分になりやすいかどうか、事前にチェックしておく事をおすすめします。

水虫はカビの仲間である白癬菌によって引き起こされます。
カビの仲間という事もあり白癬菌は、温度と湿度が高い所を好むのが特徴です。
仕事上、通気性の悪い革靴やストッキングを長時間履き続けているという方の場合、どうしても足の裏や指の間は温度・湿度共に高くなってしまいます。
白癬菌にとって活動しやすい状況となっているのです。
ですので、革靴やストッキングを長時間履く機会が多いという方は、水虫になりやすいと言えます。

また、足の裏・足の指の間に汗をかきやすいという方も注意しましょう。
汗をかく事によって、やはり湿度が上がり白癬菌の働きが活発になります。
汗をかきやすく、しかも通気性の悪い革靴にストッキング、ナイロン製の靴下を履いている場合、より汗をかいてしまい水虫を発症しやすい環境になってしまうのです。
汗をかきやすいという方の場合、通気性の悪い素材で作られた靴下ではなく、絹やコットンといった通気性の良い素材を使った靴下を選ぶようにしましょう。

この他に水虫になりやすい方の特徴として、不特定多数の人が裸足で歩くような場所によく出かけるというケースも挙げられます。
温泉やサウナ、ゴルフ場やジムにあるお風呂は多くの人が、裸足で出入りする場所です。
このような場所に置かれているバスマットには、高確率で白癬菌が生存しています。
白癬菌がいる上を裸足で歩く分けですから当然、感染しやすくなるのです。

また、家族に水虫患者の方がいるという場合は、特に感染しやすい状況にあるので注意が必要です。
家族に水虫患者がいると、家の中で白癬菌に感染するリスクがグンと高くなります。
対策して感染しないという事が大切です。

家族に水虫患者がいる場合は感染に要注意!

家族に水虫患者がいる場合、特に白癬菌に感染しやすい状況にあるので要注意です。
白癬菌は皮膚に付着すると、約24時間程度で皮膚内部にまで感染すると言われています。
家族に患者がいるケースだと、家の中に白癬菌が散らばっている状態にあるので、水虫になりやすいのです。

白癬菌は温度・湿度が高い場所を好むので、水回りに置いてあるバスマットは特に注意しましょう。
患者とはバスマットを分けて使用する事をおすすめします。
バスマットだけでなくスリッパも、白癬菌が付着している恐れがあります。
バスマット同様、水虫患者の方とは併用しないという事が対策に繋がります。

バスマット・スリッパの他に、注意したいのがカーペットです。
カーペットは水回りに置く事は無いものの、やはり白癬菌が付着している皮膚が剥がれ落ちている可能性が高くなっています。
白癬菌のいるカーペットの上を裸足で歩いてしまうと、足の裏や指の間に白癬菌が感染してしまうかもしれません。

このように、家族に水虫患者がいる場合、色々な場所に白癬菌が潜んでいます。
バスマットやスリッパを併用しないというのはもちろん、掃除をこまめに行い白癬菌自体を少なくする事が大切です。
白癬菌は日光に当てるだけでも、だいぶ死滅すると言われています。
洗えないカーペットは、天日に干して対処しましょう。

バスマットは共有を避けて定期的に洗う必要があります。
また、気になるのがタオルなども共有していいかどうかという点ですが、出来るだけ避けた方が良いでしょう。
ただ、洗濯機で水虫患者の方が使ったタオルと、他の物を洗ったからといって白癬菌が付着してしまうケースは、ほとんどありません。
洗濯は安心して行えます。